ファイナンシャル・保険|損害賠償訴訟まで起こされるソフトの脆弱性を狙うサイバー攻撃

ポータルサイト
企業PR広告
■該当件数1件 | 1 |
TOP > ファイナンシャル・保険 > 有限会社フィット総合保険

損害賠償訴訟まで起こされるソフトの脆弱性を狙うサイバー攻撃


自社の中で、セキュリティをしっかり組んでいるから、サイバー攻撃に合わないと考えるのは、非常に危うい状況です。企業の中でパソコンを使っていれば、何らかのソフトを使うでしょう。このソフトは、多くの情報を集積していきます。情報は利用価値があるものだからこそ残されていきますが、これが狙われると損害賠償請求されるような事態も引き起こします。個人情報や取引先企業の情報を抜き取られれば、当然損害賠償の対象となってくるからです。サイバー攻撃は、なにも直接ダメージを与えるだけではありません。使っているソフトの脆弱性をねらっていく方法もあるのは、忘れてはいけないポイントです、バグや欠陥に気が付いていれば、修正パッチなども当てられますが、未知の問題を抱えている状態で、サイバー攻撃側が気づいていれば、それだけで攻撃を受けます。そこから情報を抜かれてしまう可能性があるのですから、損害賠償訴訟という最悪のケースまで想定して対策をしていかなければいけないでしょう。