クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様をご紹介をしています。
クチコミ情報

新聞、雑誌、駅の看板、いろんなところに新商品や企業、ホテルや式場、色々な広告が出ている。売上を伸ばすために、広告はとても大事である。小さなお店であっても、チラシを通行人に配ったり、ポストに投函したり、クーポンをつけたりして、お店の存在や内容を広告することで人が集まり(集客)、売上につながる。

新聞や雑誌に広告が載っていることは当然の景色であったが、よく見ると新聞などはほとんど広告によって縁どられているような気もする。広告を出す方のメリットは告知、集客、売上向上なのだからはっきりしているが、新聞側の縁どるほどの広告をおくメリットとは。実は新聞の広告、お金を出して情報を新聞に載せている。新聞側のメリットとはつまり広告料が収入源であること。新聞一面にどーんと広告を載せると有名誌であると4000万円〜5000万円。。

よくソフトバンクとかがやる見開きだと単純にその倍。すごいな孫さん。しかもカラーだと料金上乗せドン。まぁ、その昔、好きな歌手が頑張って出した新聞の一面広告(ポスター並みの)を切り抜いて大事にしていたよね。新聞の印刷だから折り目とか擦れて黒くなっちゃったりとかあるけれど。テレビの広告なら200〜300万、山手線の中吊り広告は2日で180万、都バスのラッピング広告は1ヶ月6〜30万。うーん、広告って基準がわからないかも